4月3日(日) 1部リーグ第2節(vsアストラ倶楽部)


4月3日(日)

にいじゅくみらい公園(葛飾区)

1部リーグ第2節

vs アストラ倶楽部(都1部)

2-1
5-1
計 7-2

石野(村中)
佐々木(石野)
OG
石野(佐々木)
佐々木(村田)
佐々木(平山)
畑中(佐々木)


 佐藤宏 喜久山 村中 米窪 平山 佐々木
  石野 原島 向井 畑中 村田

前半
開始から精度のよいロングボールを放り込まれ押し込まれ
約20分間、右サイドを相手9番を中心に崩される。
20分 DF外山が肩を脱臼するアクシデント。
DF外山OUT→MF石野IN。
直後のCK、石野がファーストタッチで得点。
23分、先制 1-0。
31分、左サイドを崩され9番に合わせられ失点、1-1に。
そこで慌てずFW佐々木を中心に攻め込み前半終了間際に
佐々木の個人技で得点、2-1で折り返す。

後半
開始1分、CKをフォア−の村中が折り返し混戦から佐々木が
押し込んだようにもみえたが公式記録はOG、3-1。
その後、セカンドを確実に拾えるようになり中盤を支配し
主導権を握る。
10分MF石野が左サイド抜け出し左足の見事なゴール、4-1。
14分FW佐々木が相手DF2枚に囲まれながらシュート、5-1。
29分FW佐々木が相手DFを振り切って圧巻のハットトリック、6-1。
終了間際の45分にクロスボールの対応遅れヘディング決められ失点、6-2。
後味の悪い実にもったいない失点、とベンチで今日の反省点にあげようと
思っていた矢先のロスタイムにショートカウンターで得点に飢えていた
DF畑中が抜け出し得点、7-2 で終了。

常に先手々で主導権握れた時間も多い試合でした。

これで開幕2連勝です。
まだまだ未熟で未完成のチーム。
これから年間通して目標に向けて結果がだせるよう頑張りたいと思います。

応援に来て下さった関係者の方々、ありがとうございました。

HBO東京 泉


 

3月27日(日) 1部リーグ開幕戦(vs三菱東京UFJ)


3月27日(日)

三菱養和巣鴨グランド(豊島区)

1部リーグ開幕戦

vs 三菱東京UFJサッカー部(都1部)
45×2

2-1
2-1
計 4-2

佐々木(平山)
佐々木(平山)
佐々木(なし)
佐々木(なし)


  喜久山 村田 米窪 村中 平山 佐々木
   原島  佐藤宏  畑中  向井  外山


2016年 1部リーグ 開幕しました。

前半、
試合の入りの動きが少し硬い感じがしていた10分間。
それを和らげたのはFW佐々木の先制ゴールでした。
12分 中盤からMF佐藤宏→MF畑中→MF平山と繋ぎ、最後はFW佐々木が
しっかりとネットを揺らす。
20分に正面エリア外でのFKを直接決められ1-1に。
しかし、直後の21分、相手ペナルティエリア内で佐々木と平山の
ワンツーで佐々木が2得点目。
前半を2-1で折り返す。

後半、
開始6分 右サイドでのクロスに上手く合わせられ失点。
2-2に。

しかし、再三とフィニッシュまで形ができていた前半からの流れは悪くなく
佐々木を中心に平山・畑中をスピーディーな攻撃で相手守備陣を翻弄する。
守ってはMF佐藤宏・MF村田がセンターを崩させず。

15分にMF石野を投入(向井OUT)して点を取りに行く。
守備がハマり相手のパスがことごとく引っ掛かる。
ボールを奪ってから石野→平山・畑中と繋いで
17分、19分と佐々木のゴール前での決定力の高さで連続得点。

結果 4-2。

セカンドチームの選手も観戦にきて運営を手伝ってくれました。
クラブ全体で得た勝ち点3 です。
クラブとして実力も運営体制もまだまだ未熟ですがもっと力をつけられるよう
成長できるように頑張りたいと思います。

目標に向かって。

HBO東京 泉








 

3月20日(日) 練習試合(vsスペリオ城北(都1部))


3月20日(日)

赤羽スポーツの森公園(北区)

vs スペリオ城北(都1部)

35×4

5-0
2-1
4-1
0-0
計 11-2





  喜久山 原島 村田 米窪 佐々木 小西
   村中  向井  畑中  外山  石野

リーグ戦開幕前、最後の練習試合。
リーグ戦を想定して昨年の得点王 佐々木竜太がピッチ内に
初合流させる。

1、2本目がトップチーム(都1部)の選手で構成。
2本を通して前線の置いた佐々木、平山、畑中、小西が機能する。
佐々木にボールが納まり、MFで起用した佐藤宏が前を向いて
ゲームをコントロール。
平山、畑中、小西がポジションチェンジを繰り返し相手の裏を突く。
スピーディーな攻撃が幾度となくみられそれがフィニッシュだけでなく
得点に結びつく。
見応えある攻撃でした。

守備はセットプレイから失点。
昨年から改善されていなく課題です。
リーグ戦では1点1点が響きます。

3、4本目は今年参入する4部リーグのセカンドチームの選手が中心で挑む。
今年新加入の萩原がゴール前での高い決定力で3得点。
常に主導権握る試合運びでした。

トップ・セカンド含めて参加選手30名を超えて選手層も厚くなり、
昨年以上にチーム内の競争もでてきました。

リーグ戦まで、いい準備をするまでです。
目標に向けて。

スペリオ城北様、ありがとうございました。


HBO東京 泉

 

3月13日(日) 練習試合(vs 拓殖大学サッカー部)


3月13日(日)

拓殖大学八王子キャンパス

vs 拓殖大学サッカー部
 
40×3

0-5
1-5
1-3
計 2-13

小西(村田)
平山(なし)


  松田 村田 佐藤宏 平山 川渕 小西
   村中 向井 畑中 富田 工藤

1本目、開始4分で2失点。
40分間であっという間に5失点。
すべて、後手々で守備に追われる時間が長くなる。
相手の動き・ボール・判断のスピードの速さに
圧倒されて2本通して10失点とまったく話になりませんでしたが、
上手くいかなかったときにどう立て直すかが試される試合でした。
試合をコントロールする上で、重要な部分だと思います。
そのような声掛けもピッチ内から聞こえてきていたので
次に繋がる練習試合になったと思います。
失点を重ねても、どう対応するか?どう挽回するか?
貴重な練習試合でした。

拓殖大学サッカー部様、ありがとうございました。

HBO東京 泉
 

2月14日(日) 練習試合(vs慶應BRB(都3部))


2月14日(日)

葛飾区陸上競技場(葛飾区)

練習試合
vs慶應BRB(都3部)
40x2

0-1
0-2
計0-3


   中島 外山 村田 愛徳 佐貫
 田村 森川 原島 川渕 野尻

2016年シーズン新入団選手と練習生で構成したメンバーで
初の対外試合。
全選手24歳以下とだけあり運動量とスピードで後半の途中からは
ほぼ中盤を制しポゼッションするも試合には負ける。
アタッキングゾーンでの工夫と決定力に課題・問題あり。
初めて一緒にプレイする選手ばかりと言えどサッカーは
点を取らないと、と試合後のミーティングで喝を入れる。

相手の慶應BRBさんは試合巧者で高い決定力でした。
慶應BRBさんありがとうございました。

目標に向かって頑張ります。

HBO東京 泉
 

2月14日(日) 東京カップ3回戦(vs三井住友海上)


2月14日(日)

夢の島競技場

東京カップ3回戦
vs 三井住友海上(都1部)
35×2
0-1
0-2
計 0-3



   米窪 喜久山 垣見 村中 細矢 向井
   松永 石津  山田 富田  佐藤宏

この12月〜2月にかけて昨年の登録選手11人が海外渡航したので
残ったメンバーで挑んだ東京カップ3回戦。
ベンチ控えには畑中(ケガ)のみ。
全くいいところなく敗れました。
どれだけこの大会に向けて準備をしていたのか。
出場できただけで満足している感が否めない。

これでリーグ戦に向けて本格準備に入ります。
目標に向かって。

HBO東京 泉

1月31日(日) 東京カップ2回戦(vs海千山千)


2015年 1月31日(日)
あきる野運動場

東京カップ2回戦
vs 海千山千(都4部)
35×2

1-0
2-0
計 3-0

丸(PK)
丸(細矢)
丸(畑中)


  垣見 喜久山 山田 村中 掃部 細矢
   畑中  丸  向井 富田 石津

昨年主力の FW石野・MF山崎直はケガで欠場。
FW佐々木竜太・MF佐藤宏はコーチ役に専念。
海外担当の石津をMFに、FW喜久山をGKに配置しての東京カップ初戦。

結果は3-0であったがゴール前での精度がひどい。
ぬかるんだビッチではあったがそれでも高い決定力を
求めていきたい。
MF 丸が安定したパフォーマンスをみせてくれてハットトリック。

昨年末からカンボジア、オーストラリアと渡航ラッシュで
登録選手層が薄い現状になってますが出場チャンスがあると
思って積極的なプレイをみせてもらいたい。

次戦の予定。
2月14日(日)になりました。
またトレーニングしていい準備をしていきたいと思います。

HBO東京  泉

 

2015 蹴り納め



2015年 12月27日

2015年、蹴り納めでした。

天王洲フルコート(品川区)

社会人都リーグ合同チーム(都2部、3部)
30X3

3-1
1-0
2-2
計 6-3

畑中(石野)
畑中(山崎)
丸 (山崎)
三浦(川里)
石野(村中) 
松永(丸)

1本目メンバー

  喜久山 山崎直 工藤 山田 帰部 垣見
   西田  丸  畑中 向井 石野

普段からナイターで一緒にトレーニングしている
社会人チームの方々に「混合チーム」として構成してもらい
相手していただきました。

数人、東南アジア・豪州に渡航中により人数不足も懸念して
おりましたが結果20人の参加で、これから渡航を控えている選手、
社会人選手も含めて目標を持ったそれぞれの選手で2015年最後の
トレーニングでした。


毎年、「入団→トレーニング→海外挑戦」の繰り返しですが
海外で活躍した選手が帰国して顔出してくれたり、
J3やJFLの選手もトレーニングに参加したりと、
選手に必要とされるクラブに近づいていると感じています。

来年は「就職支援」や「海外クラブとの提携」など新たな試みに
クラブとしても挑戦します。
まだまだ選手にとってプラスになる企画も考えています。
選手とともにクラブも成長できるよう頑張ります。

2015年、ありがとうございました。


HBO東京 泉 規靖

 

12月20日(日)練習試合 (vs横浜猛蹴(関東社会人2部))


2015年 12月20日(日)

vs 横浜猛蹴(関東社会人2部 1位)

45X2

0-0
1-3
計 1-3

畑中(山崎直)



  喜久山 山崎直 村中 永井 美濃村 本間
  石野  富田  丸   向井  畑中


2015年シーズン、関東社会人リーグ2部で優勝を飾り
来年1部に昇格が決まっている横浜猛蹴さんと初対戦。

前半
相手の早い球離れや精度の高いロングボールに
翻弄されつつもDF村中、DF永井を中心にしぶとく守る。
1トップのFW本間になかなかボールが入らず落ち着かない時間が
続くも徐々にセカンド拾えはじめMF石野、MF山崎直が
前を向いてプレイできるようになる。
両SB DF富田、DF丸が攻撃参加で絡むようになり攻撃の
バリエーションが増えてくるにつれゴール前に攻め込む時間増えてくる。
決定機作れず 前半0-0。

後半
前半よりもボール支持率高くなり相手陣地での攻防時間増える。
MF向井、MF美濃村が攻撃参加するようになり攻撃に厚み生まれる。
15分過ぎ、お互い選手交代で一進一退の状況に。
HBO東京は4選手投入。
バランス崩れたところを突かれ失点。
0-1。
攻撃されるも奪ったボールをうまくつないでカウンターが冴え始め、
シュートチャンス増える。
山崎直→畑中とつないで畑中ゴール。
1-1。
ラスト15分でミスが続き2失点。
HBO東京も決定的チャンスあるも決めきれず。
1-3で終了。

セカンド拾う意識や連動などいい部分も多くみられましたが、
単純なパスミスの多さ、ゴール前の落ち着きの欠如など課題も多く
みつかった試合でした。

横浜猛蹴さん、ありがとうございました。

HBO東京 泉

12月13日(日)練習試合 (vsVONDS市原セカンド)

 
2015年 12月13日(日)

VONDSグリーンパーク(市原市)

vs VONDS市原セカンド(千葉県1部)
35X3
0-0
3-0
2-0
計 5-0

喜久山(畑中)
畑中(高橋悠)
喜久山(高橋悠)
喜久山(畑中)
阿部楓(高橋悠)


   大石 工藤 村中 石津 阿部 富田
    丸 松永 畑中 高橋 喜久山

雨天の中でしたが、素晴らしい環境で練習試合をさせていただきました。
セレクション選手も2名参加。
開始から高い技術のある選手が多いVONDS市原セカンドがボール所持して
HBO東京がカウンターのチャンスを伺う、一進一退の攻防が続く。
1本目は0-0で互角。

2本目、3本目と運動量に差が出来てゴール前でチャンスも増えてくる。
1本目ミスが多かった喜久山にもボールが収まるようになり
畑中が再三相手DFの裏を突く。
MFに配置した佐藤宏が中盤でタメを作り前線へ配給。
多く作ったチャンスを畑中・喜久山が得点を重ねて優位に試合を運べました。

参加選手全員、しっかりとトレーニングできました。
機会をつくっていただいた、VONDS市原センカンド様ありがとうございました。

HBO東京 泉
 

| 1/18PAGES | >>

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Selected entries

Categories

Archives

Search this site.

Sponser

サッカー・フットサル JOGARBOLA